presented by
Menu
第2クールスタート

FCB、新シーズンに向けて準備を続ける

木曜日、第2クールが予定時間よりも早くにスタート。オフィシャルの練習時間5分前にチームはピッチ上に集合し、ルイス・ファン・ハール監督の言葉に耳を傾けた。それからトレーニング開始 - バイエルン選手が再び汗を流すことになった。

ファン・ハールはウォーミングアップの後に彼の選手たちに50メートルのテンポ走および十分にパス交換のトレーニングを行わせた。GKはGKコーチのフランス・ホエクとともにGKトレーニング。ピッチ脇ではアマチュアチームが似たようなプラグラムを消化した。

まだ多くの選手を欠く

トップとサテライトチームはこの数日間、引き続き一緒にトレーニングをすることになる。ファン・ハールのメンバーの人数は両準備期間の10日間オフ後も変わることはなかった。W杯出場選手13人がバカンス中、月曜日から出発することになるトレンティーノでの1週間のトレーニングキャンプ後に数人のW杯出場選手がトレーニングに合流することになる。

ファン・ハールは、「選手たちのコンディションがなるべく早くうまく上がるようにすべてのことをしていく」と示唆。そのなか同監督はもちろん、「難しい準備期間」を目の前にしていると分かっている。彼は木曜、控えGKトーマス・クラフトとルーヴェン・サッテルマイアーを含むわずか11人のプロ選手と対面することができた。

ファン・ハール、練習初日「とても満足」

ファン・ハールはアマチュアの援助をトレーニングキャンプだけではなく、リーガトータル!カップ(7月31日/8月1日)、スーパーカップ(8月7日)、ベッケンバウアー-功労試合(8月13日)でも頼ることになる。

10日間のオフ後に75分間の初日のトレーニングを終えた後、ファン・ハールは選手たちのパフォーマンスに「とても満足していた。」アンドレアス・オットルは、「そこまで休暇は長くなかった。すぐに筋肉痛になることはない」とFCB.tvとのインタビューのなかで述べた。約500人の観客が集まったこの日、彼はチームの同僚とともに熱心にサインをすることになった。その後、バイエルン選手たちはロッカールームへとひきあげた。