presented by
Menu
フランツ・ベッケンバウアー

「FCバイエルンの一番大きな存在」

フランツ・ベッケンバウアーのいないFCバイエルンとは?クラブには今よりも少ないカップが飾れているのだろうか?アリアンツ・アレーナは存在したのだろうか?アリエン・ロッベンとフランク・リベリーがFCバイエルンでプレーしているのだろうか?余分なことを考えることになる。ドイツレコードマイスターにおけるベッケンバウアーの重要性がトロフィー、数字またはほかの基準に表されている。カール=ハインツ・ルンメニゲは、「フランツ・ベッケンバウアーはFCバイエルンのなかでは歴然として一番大きな存在」とまとめた。「彼はほかの誰もができないFCバイエルンの歴史を作りあげた。」

ベッケンバウアーは51年間、「彼の」FCバイエルンで選手、監督および会長として携わってきた。彼は昨年11月の年次総会において会長として立候補せずにウリ・ヘーネスと会長職を交代した。ルンメニゲは、「彼は全ての分野において行動してきた。これは本当に並外れたこと」と強調。このため理由なきしてベッケンバウアーにFCバイエルンの選手として移籍してから33年経った今、遅れて「時機を逸した」送別試合の名誉が与えられるわけではない。

ベッケンバウアーが1977年、FCバイエルンを退団 - 彼の人生で一度かぎりのFCバイエルン退団だった。キャリアの全盛期にアメリカプロリーグのコスモス・ニューヨークで大冒険をすることになった。当時、移籍はほぼ失敗に終わっていた、だが当時31歳の彼は最後に移籍金の一部を自分で引き受けることにした。「400.000マルクを払わなければいけなかった」と彼は11月の年次総会時に語った。FCバイエルンの名誉主将に任命された後に笑顔でこう話した:「今、400.000マルクが戻ってくると考えた。しかし私は名誉主将の針でとても満足している。」

fcbayern.deは「皇帝」の唯一無二のキャリアをまとめてみた。