presented by
Menu
目標はカイザースラウテルン戦

オリッチ、チーム練習合流

イヴィチャ・オリッチが月曜、ゼーベナー・シュトラーセにつめかけたおよそ2.000人の前で離脱後11日ぶりにチーム練習に参加した。

同選手は、「よかった、満足している」と90分の練習後にfcbayern.deにコメント。ダッシュにパス交換、そして6対3のゲームに制限なしで加わった、彼は彼のヒザに負担をかけることができた。「ダッシュのときにもいい感じがあった。ほかの練習はそこまで負担にならなかった」と彼は語った。

半月板を負傷

スロバキアとの代表戦でヒザを打撲した際に同選手は半月板を傷めた。FCBFWは、「ヒザが少しばかり腫れていた」と報告。安静およびチームドクターのDr.ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファートによる治療から数日後、腫れが再びひいた。

トレーニング負荷に対してヒザがどのように反応するか様子をみることになる。オリッチは、「ヒザが再び腫れないことが大切。数日間、様子をみることになる」と話し、「全てがオッケーで、金曜夜にプレーできることを望んでいる。これが目標」と続けた。FCバイエルンは金曜、1.FCカイザースラウテルンで今季初のアウェー戦に臨むことになる。