presented by
Menu
長期離脱か

オリッチ抜きのリーガ開幕戦

ブンデスリーガがスタートする。しかしFCバイエルンは新シーズン、攻撃陣の主力二選手を欠くことになる: アリエン・ロッベン(太もも筋断裂)とイヴィチャ・オリッチ(ヒザの問題)ら昨シーズンのベストゴールゲッター。ロッベンは二冠を獲得した昨季に23得点、オリッチは19得点を決めた。

ロッベンがW杯南アフリカ大会前のケガを完治させるまでにおよそ2ヶ月かかるなか、オリッチも長期離脱を危ぶまれる。ルイス・ファン・ハール監督は木曜、「診断は重いもの」とコメント。同MFは先週のスロバキアでの代表戦においてヒザを負傷、それ以降ヒザの痛みを抱える。

ロッベンは特別休暇

ファン・ハールは、「医者が手術ではなく、保存療法を選択した」と説明、そしてこう付け加えた:「これはいつも時間がかかる。」どのぐらいの期間、彼が戦線を離脱するのかはまだ分からない。

ロッベンは10 - 14日間の特別休暇を得て、ミュンヘンを離れている。ファン・ハールは、「彼はわれわれの医者Dr.ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファートから休暇をとるように言われた。少しばかり彼は今、落ち着くことができる。その後、彼がトレーニングを始めることができると望んでいる」とコメントした。