presented by
Menu
年間最優秀監督/選手

ファン・ハールとロッベンが受賞

ルイス・ファン・ハールとアリエン・ロッベンが大賞に輝く。FCバイエルンのオランダデュオは2009/2010シーズンのドイツサッカー最優秀監督および最優秀選手に選出された。サッカー専門誌「キッカー」が日曜、1960年からドイツスポーツジャーナリストのなかで選考される同賞の受賞者を発表した。

ファン・ハールは外国人として初となる「年間最優秀監督」を受賞。日曜日に59歳の誕生日を迎えた同オランダ人は925票中398票を獲得した。昨年の受賞者でありシャルケ監督のフェリックス・マガトは231票および代表監督ヨアヒム・レブは87票を集めた。

ファン・ハールは、「年間最優秀監督に選ばれたことを喜んでいる。どの賞またはどのタイトルでもお祝いすることができる」とコメント。同監督は今のところ、ドイツでオランダ大使となっている。「オランダ総領事館からロッベン、ファン・ボンメルおよびファン・ハールがミュンヘンに来てから全てが変わったと先日連絡があった。信じられないほど多くのバイエルンファンがオランダにはいるんだ。」

ロッベンが最優秀選手受賞

ロッベンも年間最優秀選手を断トツで獲得。同26歳はクラブ同僚バスティアン・シュヴァインシュタイガー(180)、トーマス・ミュラー(118)およびフィリップ・ラーム(35)を上回る445票を得た。ロッベンは初のオランダ人として同賞に輝いた。

ロッベンは、「大きな名誉。スーパーなシーズンが報われた。一試合だけ欠けていた、もし(勝てていれば)全て獲得することができていた」とコメント。同MFは太もものケガにより新シーズンのスタートでは欠けることになる。ファン・ハールは、「アリエンというふさわしい選手が選ばれた」と選考についてコメントした。

成功ある2人

オレンジデュオは昨季、レコードマイスターのダブルタイトル獲得に非常に大きく貢献。ファン・ハールは魅力および成功あるサッカーを築きあげた。すでにミュンヘン1年目から彼はFCバイエルンをマイスターおよびDFBカップ優勝そしてCL決勝へと導いた。

彼のキープレイヤーの一人はアリエン・ロッベン。同じく1年目の同快速ドリブラーだがチームとリーガに彼の存在を示した。彼は37試合中23ゴールを決めて、FCバイエルンのトップゴールゲッターになった。

バイエルンの成功続く

ファン・ハールとロッベンが受賞した結果、「キッカー」の選考におけるFCバイエルンの受賞回数を更新することになった。レコードマイスターは通算で18度年間最優秀選手を受賞、この数字は断トツでリーガNo.1。FCバイエルンではフランク・リベリーが2年前に年間最優秀選手を獲得した(2008)。