presented by
Menu
「とても嬉しい」

リーガ開幕戦のコメント

ハードワークの一戦だった。VfLヴォルフスブルクにロスタイム弾で勝利した後、バイエルンサイドには喜びと安堵感が漂った。ルイス・ファン・ハール監督は、「勝利と勝ち点3ポイント、とても大変だったが(勝利を)喜んでいる」とシーズン開幕戦後にコメント。逆に敵将スティーヴ・マクラーレンはとてもがっかりしていた:「われわれは負けに値しなかった。」



コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「前半はとてもよかった、とても圧倒していた。後半は10分間ほどながく休んでしまった: この後に失点してしまった。これで難しくなった。全体を通して白星でスタートすることは大切だった、同時に落ち着きと自信を培うためにもね。」

ルイス・ファン・ハール:「勝利と勝ち点3ポイント、とても大変だったが(勝利を)喜んでいる。後半序盤の15分間、われわれは全てのボールを失っていた。選手が少しばかり過信してロッカールームからでてきてしまったと考えている。その後は再び情熱をもってプレーして、最後にゴールを決めた、とてもすばらしいゴール。」

ミロスラフ・クローゼ:「前半はとても優勢だった、そしていいゲームをしていた。後半の始めには流れを失い、全く自分たちのゲームができなかった。多くのボールを失い、自分たちのポゼッションゲームがうまくいかなった。ヴォルフスブルクはチャンスを得て、同点弾も決めた。大切だったのは自分たちがそこから挽回して、試合に勝ったこと。われわれはもっとハードにやっていかなければいけない。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「まだフィットネスで欠けるところがあると分かった。単純に得点チャンスを与えてしまった。自分たちが勝ち点3ポイントを奪取したのが大切だった。僕たちはまだよりよいプレーができるし、しなければいけない。」