presented by
Menu
今季初アウェー戦

万全のバイエルンが「ベッツェ」入り

トーマス・ミュラーはナイターゲームを好んでいる:「過ごしやすい気温で、スタジアムの雰囲気もより刺激がある。そして体にとっても夜の方がいい、3食食べられて、一日中準備をすることができる。」マルク・ファン・ボイテンも同じように考える:「もう一度睡眠がとれる、全体的によりよい準備ができる。」

もしかするとバイエルンが第1節と同じく再びナイターゲームを戦うことはそこまで悪いことではないかもしれない。というのは金曜日に昇格組であり2部リーガマイスターの1.FCカイザースラウテルンを破るためには、ルイス・ファン・ハールとチームメートは万全の体調でなければならない。

金曜夜、完売のベッツェンベルク、およそ5万人の観衆 - ブンデスリーガのなかではFCバイエルンにとってカイザースラウテルンおよびフリッツ・ヴァルター・スタジアムよりもプレーしやすいところがある。プファルツ全体がFCバイエルンとのイヤーゲームに熱くなっている。1.FCKのオフィスにはすでに13万のチケット購入希望が寄せられ、クラブの周辺の大きな至福感がケルンでの初戦白星により強くなる。

FCB、まだ100%ではない

ミュラーは、「僕たちは彼らを絶対に侮らない」と確信してコメント、「自分たちは注意して、そして集中力を高く持たなければいけない。」ファン・ボンメルは、「赤い悪魔」との一戦でVfLヴォルフスブルク戦前半のパフォーマンスをだすことができることを望んでいる。「後半はあまり良くなかった。ハーフタイム後の15分間のように再び同じことをしてはいけない。」この時間帯にヴォルフスブルクに同点弾を許し、ロスタイムにバスティアン・シュヴァインシュタイガーが決勝弾を決めた。