presented by
Menu
FCK - FCB

試合のコメント

優勢およびベストチャンスのなかでFCバイエルンは1.FCカイザースラウテルンにシーズン初黒星を喫した。ルイス・ファン・ハール監督は、「後半には勝つために全てのことをした、しかし今日はこれが十分でない1日だった」とプファルツの昇格組に0:2と敗れた後にコメント。マルク・ファン・ボンメル主将は、「われわれはここで通常なら勝たなければいけない」と強調した。

コメント一覧:

ファン・ハール:「われわれはいいゲームをした。だが試合終盤はより攻めなければいけない。われわれは何度も相手のペナルティーエリア内に攻め上がった、しかしわれわれは多くの決定機を作れなかった。ミュラーのビッグチャンスを除いてね、そこでは3:1の状況だった、あそこはゴールを決めなければいけない。ラウテルンはスペースを消してとてもいいディフェスンをした、とても多くの情熱とともにプレーしてきた。彼らはこれをすばらしくやってのけた。彼らは2度、われわれのゴールに蹴り込んだんだ。1点目は本当に信じられないすばらしいゴール。後半には勝つために全てのことをした、しかし今日はこれが十分でない1日だった。」

マルク・ファン・ボンメル:「(敗戦は)必要なかった。われわれは実際、そこまで悪いゲームをしていない、多くのチャンスを作った、しかしこれを決められなかった。いい時間帯にわれわれのミスから2失点を喫した、これは必要のないことであり、憤慨することだ。われわれはここで通常なら勝たなければいけない、このことがおかしく聞こえたとしてもね。」

フィリップ・ラーム:「僕たちは確実に違う夜を想像していた。90分間相手を上回るチームだった、チャンスもあった、だけどそれが助けになることはなかった。今日もいつもと変わらないはずなんだ。負けるということはいくらかのことが間違っていたということ。先制しなければならなかった、そうすれば根本的に楽に試合ができていた。カイザースラウテルンが情熱をもってやってくることで難しくなると分かっていた、そこに対して僕たちは本当に対抗できていたと考えている。いつかは得点を決めなければならない、それ以外は難しくなる。」

ミロスラフ・クローゼ:「われわれのゲームにより多くのことを望んでいた。いいゲームをして、多くのチャンスもあった、だけどわれわれのサイドにはツキがなかった。ビハインドを負えば、難しくなると分かっていた。ゴールを決めていれば、同点ゴールも奪っていた、だけどいつも数センチ足りなかった - 憤慨することだ。」