presented by
Menu
連覇へのスタート

FCBとヴォルフスブルク、新旧王者対決

ヨルク・ブットは、「気持ちが高ぶっている」と気がついていた:「始まる」。FCバイエルンは金曜夜(20時30分からfcbayern.deのライブテレタイプとFCB.tvのWebラジオで試合中継)、48回を迎えるブンデスリーガ開幕戦でVfLヴォルフスブルクと戦うことになる。新旧王者の対決。ファン・ハールは、「再びスタートすることはとてもすばらしい。」

シーズン目標No.1は例年と同じリーガ優勝。FCバイエルン監督は、「われわれがマイスターになると言うほど高慢ではない」とコメント、「しかしわれわれはそのために戦う、そしてチャンスがあると信じている。」トーマス・ミュラーはこう述べた:「自分たちの実力をだせば、自分たちを止めることはできない。」

野心をもつヴォルフスブルク

ファン・ハールは開幕戦でケガをしているアリエン・ロッベン、イヴィチャ・オリッチとブレーノを欠くもの、「いい感覚」で新ブンデスリーガシーズンに臨むことになる。「われわれのレベルは昨年の今頃より上」と彼は説明、そして昨年よりも序盤戦でより「勝ち点」を奪うことになる。ヴォルフスブルク相手に最初の勝ち点3ポイントを奪取することになる。

逆にヴォルフスブルクはバイエルンをスタートでつまずかせることに執着している。VfL新マネージャーのディーター・ヘーネスは、「われわれはベスト5に入るつもり。再びチャンピオンズリーグ出場権のあるポジションに順位をあげていく - だがまずは一歩一歩着実に」と2009年マイスターになったチームの目標を説明した。