presented by
Menu
調子を上げて、勝ち点奪取

FCBW杯出場選手にとってはかけもち

トレーニング始動から3週間も経っていなかった、そのなかでトーマス・ミュラーとバスティアン・シュヴァインシュタイガーがFCバイエルンのブンデスリーガ開幕戦vs. VfLヴォルフスブルクで試合を決めるゴールを奪った。シュヴァインシュタイガーは、「トップフォームには何%か欠けているのが分かる」と彼のフィットネス状態についてコメント、「しかし第一戦では時間帯によって自分たちの調子がいいということを示した。」

ヴォルフスブルク戦でスタメン出場したW杯戦士は8人。ルイス・ファン・ハールはW杯後、彼らに3週間の休暇を与えた。シュヴァインシュタイガーは、「3週間の休みがあったのは嬉しかった。とてもいい休みになった」とコメント、「12日間しか休みがないこともあったんだ。」

「監督が自分たちに時間を与えてくれる」

今は、試合を通してコンディションを作り、試合感を取り戻すことが大切となる。そのことをファン・ハールも強調する:「試合感について話すためには、選手たちは6、7試合90分間戦う必要がある。われわれが再び戻ってきたと言うにはあと2ヶ月はかかると考えている。」ブンデスリーガスタート前にオランダ人はすでにこう説明していた: 100%の状態のチームは「もしかすると11月」にみられるかもしれない。