presented by
Menu
ソサ退団

SSCナポリに移籍

ホセ・エルネスト・ソサがSSCナポリへ - 同アルゼンチン代表選手は2011年6月30日まで残るFCバイエルンでの契約を解消し、セリエA伝統クラブSSCナポリに移籍することが決まった。移籍金については両クラブとも沈黙を守ることになった。

ソサは2007年夏、エストゥディアンテスからミュンヘンにやってきた。多くのエキスパートは同攻撃的MFのポテンシャルを評価、しかし彼がFCバイエルンで頭角を現すことはなかった。

2008年の五輪金メダリストはレコードマイスターでブンデスリーガ35試合出場2得点。ヨーロッパカップ10試合(0得点)およびDFBカップ6試合(0得点)に出場している。ソサは昨シーズン後期、故郷のエストゥディアンテスにレンタル移籍していた。

彼はこの移籍によりFCバイエルンを退団し、ナポリでスタートすることになる。同クラブは日曜、ACフィオレンティーナに1:1とドロースタート。同25歳はヨーロッパリーグ出場クラブで4年契約を結んだ。