presented by
Menu
ケルン戦のコメント

「チャンスを活かすことができなかった」

再びスコアレスドロー。前節ホームBLでヴェルダー・ブレーメンに引き分けた後、ミュンヘンは1.FCケルン相手にもアリアンツ・アレーナで再び勝利を逃すことになった。バイエルンは90分間、ゲームを制するチームだった、しかしゴールを奪う可能性を活かすまでには至らなかった。バイエルン監督ルイス・ファン・ハールは、「ペナルティーエリア内で危険になるように全てのことをした」と試合後にがっかりした表情をみせた。


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれは今日、自分たちのチャンスを活かさなかった、そしてラストパスが常にマッチしていなかった。ペナルティーエリア内で危険になるように全てのことをした、しかしそれが十分ではなかった、われわれはゴールを決めなければいけない。ケルンは10人の選手でペナルティーエリアを守った、そこではラストパスが良くなければいけない。しかし、これだけ多くの選手が後方にいればもちろん難しくなる。」

ズヴォニミール・ソルド(1.FCケルン監督):「バイエルンはゲームを制していた、われわれもこれを予想していた。しかしわれわれのチームは戦い、そして試合終了間際には何度かいいチャンスがあった。試合終了までわれわれは心配しなければいけなかったが、勝ち点1ポイントに値する出来だった。」