presented by
Menu
シュヴァイニーの目標

「ビール祭典期間、どの試合にも勝つ」

バスティアン・シュヴァインシュタイガーがヴォルフスブルク戦のロスタイム決勝弾でここまでで唯一のブンデスリーガ白星をもたらした。土曜の1.FCケルン戦では今季2度目の勝ち点3ポイントが必要となる。同MFはバイエルンマガジンとのインタビューのなかでクラブおよび彼の故郷バイエルンとの大きな結びつき、そしてドイツレコードマイスターの過去について語った。このほかにシュヴァインシュタイガーは1.FCケルンとの一戦を前に、同僚ルーカス・ポドルスキーと何故いつも対戦したいのかについて説明した。

問い:土曜日に友達であり同僚のルーカス・ポドルスキーを擁する1.FCケルンと対戦します。彼はFCバイエルンでは彼の意志を貫徹することができず。あなたの意見では何が理由だったと思いますか?
バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「ルーカスが2006年に来たとき、W杯後で彼にとても多くの注目が集まっていた。スタートからうまくいかなかったことにより、残念だけどいくらか早く見切りをつけてしまった。だけど依然として僕は彼がポテンシャルをもっていると確信している。」

問い:2005年のコンフェデカップでお互いにピッチ上ではしゃいでいたときから5年の月日が経ちました。2006年のW杯も今では4年前。シュヴァイニーとポルディーはお互いに成長、人間的にみるとどうかな?
バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「自分たちはそれぞれ違うタイプ。だけど代表チームにいれば、とても多くの笑いがでてくる。彼がミュンヘンにいないことは残念、だけど自分たちが会うことがあればより嬉しいことだね。自分たちはお互いに何を考えているのかを分かるほどよく知っている - 彼がピッチ上でどう動くかもね。彼については100%知っているよ。」

問い:ミュンヘンとケルンに一つ一致することがあります - お祭り騒ぎ。ケルンではカーニバル、ここでは土曜日にスタートするオクトーバーフェスト。
シュヴァインシュタイガー:「オクトーバーフェストの期間に今季は大きな目標を設定したんだ: この2週間、勝ち点を失わない。今後数週間難しい試合が続く、とくにホッフェンハイムとドルトムントでのアウェー戦 - だけど自分たちのファンにとって今は連勝をするとき。この期間にどの試合にも勝つつもりだよ!」