presented by
Menu
ホッフェンハイム戦のコメント

「今日はツキをひきよせた」

ダニエル・ファン・ボイテンのロスタイム弾でFCバイエルンはTSGホッフェンハイム戦に勝利し、今季BL2勝目を飾った。ファン・ボイテンは試合後、「われわれはとても満足している。勝利は自分たちの順位にとって大切だった」とコメント。ベルギー人のゴールはロスタイムに生まれたが、ルイス・ファン・ハールと彼のチームにとって勝利に値するものだった。



コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「最後まで勝利を信じていた、われわれが重圧をかけていたからね。少しばかりツイていたとしても勝利に値していた。だが今日はツキをひきよせた。意志と信念が後半、前半よりも強かったと考えている。しかしながら前半もいいプレーをしていたとみている。再び得点機を作りだしたが、活かせていなかった。後半にそのことをよりうまくできた。」

マルク・ファン・ボンメル:「いつゴールを奪うのかをみると、人は少しばかりツイているというかもしれない。しかし試合をスタートから制し、私の意見ではいいプレーもしていた。本当に良かったと思っている、ポゼッションゲームができていた。だからこれは勝利に値するものでもある。今日は絶対に勝たなければいけなかった、そして土曜日もね。」

ダニエル・ファン・ボイテン:「われわれはとても満足している。勝利は自分たちの順位にとって大切だった。早い時間帯の失点で自分たちを苦しめることになった、しかしわれわれはこの試合に絶対に勝つつもりだということを示した。後半はリスクを負ってプレーし、これがうまくいった。このゴールを私の父と娘に送りたい。」