presented by
Menu
ブレーメン戦のコメント

「単純にゴールを決めなければいけない」

FCバイエルン対ヴェルダー・ブレーメンの南北対決はスコアレスドローで終了。両チームには勝つために数多くのチャンスがあった、しかし両チームともこのチャンスをゴールに結びつけることができなかった。GKヨルク・ブットは試合後、「われわれは今後のゲームでは全ての分野においてパフォーマンスを上げなければいけない、もちろん決定力もね」と気がついていた。ルイス・ファン・ハール監督も試合後、逃した決定機を悔やんだ:「後半についてはわれわれのゲームに満足している、だが単純にゴールを決めなければいけない。」

コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれは今日、われわれのチャンスを活かしきれなかった、これが一番大切なことだったのだが。残念ながら全ての選手が万全ではない、だからよくボールを失うことになる。後半についてはわれわれのゲームに満足している、だが単純にゴールを決めなければいけない。」

ヨルク・ブット:「われわれは前半、軽率なミスが多過ぎた、そしてボールをたくさん失ってしまった。その結果、ブレーメンにたくさんのチャンスを与えてしまった。後半にはチャンスを作りだすことができた、しかしわれわれにはこのチャンスを活かすだけの決定力が欠けていた。われわれは今後のゲームでは全ての分野においてパフォーマンスを上げなければいけない、もちろん決定力もね。」