presented by
Menu
ローマ戦のコメント

「我慢を強いられた」

CL初戦でASローマに2:0と勝利した後、バイエルンで一致していることがあった:「われわれは冷静さを保ち、最後までサッカーをしたんだ。それが報われた」とマルク・ファン・ボンメルがFCバイエルン選手の気持ちを代弁した。ルイス・ファン・ハール監督も、「われわれがいいシュートを2本決めたと考えている、そして終盤にはまだ2得点奪うことができていた」とチームを称賛した。


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「この状況のなかでとてもいいプレーをした。ボールを動かせた、前半も同じようにね。しかしわれわれは得点機をあまり作りだせなかった。手強い相手にチャンスをあまり与えなかった。だが彼らはディフェンスだけをしてきた。こうなると(崩すのは)いつも難しい。だが70分後にローマは走ることができなくなった、彼らはいつもボールを追って走っていたからね。これがわれわれのゲーム。相手を疲れさせるためにわれわれは時間を必要とすることをファンは理解しなければならない。われわれがいいシュートを2本決めたと考えている、そして終盤にはまだ2得点奪うことができていた。」

マルク・ファン・ボンメル:「われわれは冷静さを保ち、最後までサッカーをしたんだ。それが報われた。もちろんトーマス・ミュラーのゴールのようにツキもいる。われわれは我慢して、後方でチャンスを与えなかった、ローマがカウンターのときに危険だと分かっていた。われわれが今日、とてもいいプレーをするのではなく、相手を制して勝利したことは大切だった。この試合を続けていくことができる。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「我慢を強いられたが、ボールを動かすことを達成できた。もしかすると前半にはあまり得点機を作ることができなかった、だけど相手を疲れさせることができた。これを後半にも続けた。それから彼らが走ることができなくなって、よりチャンスがでてきた。これを自分たちはとてもうまくできたと思う。イタリア勢がそこまで走りたくないと知っている。このことを60分以降から気づくことになった。自分たちはいい時間帯にゴールを奪えた。この試合を続けていきたい。」

トーマス・ミュラー:「ローマが本当に低い位置にいたから僕たちにとって前半はいくらか難しかった。彼らの唯一の目標は守ること。彼らはボールを追いかけなければならなかった。僕たちは監督の戦略をとてもうまく実践してボールを動かした、もちろん始めはチャンスが少なかった。だけどボールをうまく動かして、ローマを疲れさせた。ゴールを決めるつもりだったが、実際にはいつもあのように入ることはない。」