presented by
Menu
ユーロ予選

オリッチが得点、アルティントップがドリーム弾

ドイツ代表7選手およびダニエル・ファン・ボイテンのほかに金曜夜、4人のバイエルンプロ選手がユーロ予選で大切な勝ち点を懸けて各代表チームで出場。4選手に同日夜、喜ぶ理由があった。

特にハミト・アルティントップ。トルコ代表MFはカザフスタンで3:0と勝利した一戦でドリームゴールを決めた。クロスの後に彼はペナルティーエリア付近からボレーでゴール右隅に蹴り込んだ。

ハミトのボレー弾

これは試合を決める前半26分の2:0の得点だった。アルダ・トゥラン(24.)がトルコに先制弾をもたらした。ニハト・カフヴェチが後半31分にダメ押し弾を決めた。アルティントップは90分間フル出場、来週の火曜日にはイスタンブールでFCBチームメートのダニエル・ファン・ボイテンのベルギーと対戦することになる。

バイエルンFWイヴィチャ・オリッチも得点。同30歳はラトビアとの一戦、後半6分にクロアチアに2:0となる得点をもたらした。HSVのムラデン・ペトリッチが前半43分に先制弾、後半37分にはクロアチア主将のダリヨ・スルナが3点目を決めた。ダニエル・プラニッチも出場して、後半25分にオグジェン・ヴコジェビックと途中交代した。

ファン・ボンメル、初めてオレンジ軍団主将を務める

FCBリーダーのマルク・ファン・ボンメルはオランダ代表主将としてデビュー、サンマリノとの一戦では危なげなく5:0と勝利した。

この日のオレンジ軍団のマン・オブ・ザ・マッチはハットトリックを達成したシャルケ新加入のクラース・ヤン・フンテラール(38.、48.、67.)。ディルク・カイトが前半16分にPKから先制、終了間際にはHSVのルート・ファン・ニステルローイ(90.+1)がゴールを決めた。