presented by
Menu
第99回南北ダービー

クローゼがゴールを切望、ヴェルダーはDFを懸念

ミロスラフ・クローゼはとても功名心の高いフットボールプレイヤー、そうでなければここまで彼が成功することはなかっただろう。彼は木曜、「目標を高いところに置かなければ、多くのことを達成できない」とコメント。

代表Aマッチ103試合出場のクローゼが歴代最多出場ベスト3のユルゲン・コラー(105)、ユルゲン・クリンスマン(108)およびローター・マテウス(150)を追う。得点については、「爆撃機」ゲルト・ミュラーだけが彼を上回る。クローゼは32歳だが、キャリアが終わるまでにベスト記録を塗りかえるつもりだ:「いつも高い目標を設定している。」

クローゼ、ヴェルダー戦で未だにノーゴール

しかし当面のクローゼの目標はいくらか違う。彼は2007年夏にヴェルダー・ブレーメンからFCバイエルンに移籍してきて以来、古巣クラブ相手にノーゴール。99回目となる南北ダービー戦でクローゼはゴールを決めるつもりだ:「ヴェルダー相手にゴールを奪うときがきた。」

得点を決めるチャンスは悪くないようだ。ヴェルダーのストッパーコンビ、ナルドとパール・メルテザッカーが負傷のために欠場する。しかしクローゼはこれをメリットとして考えていない:「相手のことを知っていれば、よりやりやすい。より相手に焦点をあてることができるからね。」