presented by
Menu
チームニュース

ティモシュチュク、ポーランドでドロー

ウクライナ代表のアナトリー・ティモシュチュクはロスタイムのゴールによりポーランドでのテストマッチで辛うじて敗戦をまぬがれた。イェフゲニー・セレズニェフが土曜、ウッチで1:1の同点弾を決めた。ポーランドは前半41分、イレネウス・イェレンのゴール(41.)により先制した。すでに本大会出場が自動的に決定している2012年のユーロ開催国同士の対決でティモシュチュクは90分間フル出場した。ポーランドサイドではヴェルダー・ブレーメンのセバスティアン・ボエニシュがA代表デビューを飾った。

バドシュトゥバーがチャンスを活かす

アルネ・フリードリッヒがケガで欠場、そのなか代表監督ヨアヒム・レブはホルガー・バドシュトゥバーに信頼を寄せ、ストッパーとして起用 - FCBルーキーはベルギーとのユーロ予選ですぐに実力を発揮した。レブは、「彼は彼の仕事をうまくこなした」と1:0と勝利した後にコメント。「彼は冷静および簡単にプレーし、ポジショニングがいい。もちろん彼は代表でまだ何試合かこのポジションでプレーする必要がある。個人的にとても堅実で、そして簡単にプレーをする彼を気に入っている。このため彼にはよい将来性がある。」W杯では左SBとしてプレーしたバドシュトゥバー自身はこうコメント:「ストッパーとして自分の強さをだせるといつも言ってきた。これが自分に合っているポジション。」