presented by
Menu
「サッカーから離れる」

バイエルン、ドルトムント戦に向けて力を蓄える

バーゼル戦2日後およびボルシア・ドルトムントとのBL一戦を3日前に控え、バイエルン監督ルイス・ファン・ハールがマルク・ファン・ボンメルとチームメートらにサッカーから離れて休養をとることを指示した。ファン・ハールは、「少しばかり休みがあり、少しばかり距離を置くことができることはいいことだと考えている」と3週間ぶりのチームオフについてコメント:「この時期に初めて選手たちに一日オフを与えることができる。」9月11日からバイエルンは6試合を消化してきた。彼らは木曜日にやっと体と心を少しばかり休めることができた。

サッカーから離れる

「オフに力を蓄えられる」 - ファン・ハールはこれをモットーに次節に向けて全く違うかたちで準備をスタート。「このオフがバーゼルの結果より大切だと考えている」と同59歳はコメント。ファン・ハールは金曜と土曜に選手たちにトレーニングのなかで暫定2位とのアウェー戦に向けて集中的に準備をさせていくことになる。

「そこでわれわれは再びゲームのために準備をすることになる」とバイエルン監督、難しい一戦になると把握している。ドルトムントは過去5戦に全勝、バイエルンがこの期間に勝利したのは一度だけ:「ドルトムントで勝つことは簡単ではない。だが昨年、これを成し遂げられた。」