presented by
Menu
「安堵でき、とても嬉しい」

バーゼル戦勝利のコメント

2試合2勝勝ち点6ポイント - FCバイエルンがCLグループ予選で最適なスタートをきった。ローマに2:0と勝利した後にファン・ハールイレブンはバスティアン・シュヴァインシュタイガーの2得点により0:1とビハインドを負って前半を折り返した後に2:1と逆転勝ちした。代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「2試合後に勝ち点6ポイントで首位および予選突破にまた一歩近づいた。これがわれわれの目標でそれを達成することになった」とザンクト・ヤコブ・パークでの勝利後に喜んだ。

コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「後半44分に決勝弾を決めれば、もちろん嬉しいことだ。しかしわれわれは後半いいゲームをしていた。2試合後に勝ち点6ポイントで首位および予選突破にまた一歩近づいた。これがわれわれの目標でそれを達成することになった。今日の勝利はわれわれに自信を与えることになるだろう。」

ルイス・ファン・ハール:「安堵できた、とても嬉しい。後半、試合に勝つために全てのことをした。このことがよかった。とてもいいスタートがきれて、ゴールを決められた - バーゼルがこの試合初めてセンターラインを越えたときだった。そこでわれわれの自信がそこまで大きくないことをみることになった、とても悪いゲームをしてしまった。後半はよりパワーを得るために交代枠を使った、それがうまくいったことになる。われわれは2試合後に勝ち点6ポイントで昨年よりもよりいいことになる。」

マルク・ファン・ボンメル:「われわれはとてもいいスタートをきった。そこで失点を喫し、コントロールできなくなった。ロッカールームでは監督はあまり多くのことを言わなかった。ヨルクと自分の声がとても大きかった。われわれは前半の残り30分で欠けていたものをはっきりと言ったんだ。監督はこれをいいことだと考え、こう話したんだ: 『これではいけない。われわれは一週間トレーニングをして、何も得られないことになる。』はっきりとした言葉をみつけなければいけない、これができれば、発言してもいいんだ。声を荒げなくてもいい、正しいことを話せばいいんだ。今日勝ったことはとても大切だった。ドルトムントで勝たなければいけない。」

トーマス・ミュラー:「今日は再びこれまでの試合のようだった: 花火のようにいいスタートをきり、再び個々のミスから失点を喫し、前線で得点が奪えない。そこでまた背水の陣となる。だけど僕たちにやる気がないと誰も批判することはできない。勝つために後半45分にゴールを決めなくてもよければ、もしかすると悪くないことだろう。チームを称えたい。チームが精神的な強さをみせた。」