presented by
Menu
バイエルン、23日間プラン

ブレーメン戦勝利で連戦を突き進む

シーズンが始まって間もないなか、FCバイエルンは今季最初の連戦を控える。昨季二冠のバイエルンは23日間で7試合を行う、初戦はヴェルダー・ブレーメンと激戦がルイス・ファン・ハールと彼のチームメートを待ちうける。バイエルン監督は、「ブレーメンはトップチーム。難しいゲームになる、しかし私はもちろんわれわれが勝つことを望んでいる」と完売になったアリアンツ・アレーナでの一戦前日にコメント。

代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「この対戦はいつも特別なゲーム。ヴェルダー・ブレーメンは過去10年間、われわれの最大のライバルだった」とコメント。彼はチームがカイザースラウテルンで必要のない敗戦をした後に再び勝利の道を歩むことを願っている:「われわれは首位争いをする相手に一つの勝利で差をつけることが可能だ。」

ブレーメン戦は8日間で3試合あるホームゲームのうちの初戦。バイエルンは水曜のASローマ戦からCLシーズンをスタートすることになる、土曜日には1.FCケルンを迎える。ファン・ハールは、「われわれが3ゲームに勝つことができれば、よりやりやすくなる」とコメント。クローゼは、「ホーム3試合でわれわれのリズムをみつけることになる」と話した。ケルン戦の8日後、FSVマインツ05をアリアンツ・アレーナに迎える、その間にファン・ハールイレブンはアウェー戦のために1899ホッフェンハイム入りすることになる。

バイエルン、基盤を作る

クリスティアン・ネルリンガーは、「これからが本格的なスタート。われわれはとりこぼしを許すわけにはいけない」と「tz」紙を通じて要求した:「われわれはすばらしいシーズンのための基盤を作ることができる。」スポーツディレクターはウィンターブレイクまで全三大会に勝ち残るつもりだ。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「ヴェルダー戦で勝ち点3を奪取することをまずは考えなければいけない」とコメント。