presented by
Menu
ヨンカーとワークショップ

プロコーチと育成コーチの距離間を縮める

トレーニングセンターのオーディトリアムの本革シートのチェア39席がほぼ一杯となった。従来はマルク・ファン・ボンメル、フィリップ・ラームおよびチームメートが試合およびトレーニング分析に耳を傾けるところで、ほかの者が熱心に聞き入っていた: FCバイエルンの育成コーチ。

壇上ではアンドリース・ヨンカーが講演。ルイス・ファン・ハールのアシスタントコーチがトップチームで取り組まれている哲学を紹介した。「どの文化、人物、チームも独自の哲学とアイデンティティーがあると説明した」とヨンカーはfcbayern.deに語った、「オランダからきたわれわれもサッカーにおいて独自の考えがある、そしてルイス・ファン・ハールはよりとてもスペシャルな考えがある。」

年齢に適したトレーニング

日々のトレーニングから子どもたちの様々な成長を目に留めることが育成コーチにとって大切となる。FCB育成部門部長ヴェルナー・ケルンは、「年齢に適したトレーニングをすることが一番大切なこと」とコメント。「身体的および精神的にどのような成長があるのか?このことに全ての育成コーチが留意しなければならない。」ヨンカーは実技においても、ピッチ上でU13それからU17選手とともに、いくつかの練習のなかでトップチームの哲学をデモンストレーションすることになった。

ヨンカーのアイデアと実技は育成コーチにとってもちろん全く新しいものではない。それでも彼らはこのような形で未だかつてFCバイエルンで行われたことのなかったワークショップを喜ぶことになった。ケルンは、「これはとてもすばらしいこと」と述べ、「トップおよび育成の関係がこれまでになく密接になっている。」