presented by
Menu
監督分析

ボールを多く奪われ、得点が獲れない

喜びと安堵感がバーゼル戦勝利後にFCバイエルンに漂った。しかしルイス・ファン・ハール監督は試合後の分析時に怒りを露にした。「憤慨させる」とFC監督: 個々のミスが失点につながった。

バーゼルはバイエルンが中盤でパスミスをした後に1:0と先制した。ドイツレコードマイスターにとっては今季7失点目、FCバイエルンはほぼいつもボールを失った後に失点を喫している。例えば、バーゼル、ホッフェンハイムおよびカイザースラウテルン戦。

ファン・ハールは、「チームとしてとてもうまく守備をしている、多くの失点を喫していない。われわれの問題は相手がボールをもったときではない、われわれがボールをもって、まずい奪われ方をしたときだ。これを改善しなければならない」とDFではなく、チームのビルドアップに不満を呈した。

ボール支配率で圧倒、わずかなゴール

トーマス・ミュラーはこう述べた:「自分たちはよく愚かな失点を喫し、再びビハインドを負うことになる。」そしてバーゼル戦のようにビハインド後にいつも逆転勝ちすることはない。攻撃でもまだ課題は山積みである。ファン・ハールはバーゼルで「決定力不足」を指摘。ザンクト・ヤコブ・スタジアムでチームは明らかに優勢に試合を進め、「得点機が多くあった」とファン・ハールは気がついていた。2:1の決勝弾が決まったのは後半44分。「ゴールが15分前に決まれば、よりいいことだ。」