presented by
Menu
バイエルン対マインツ

今季ホーム初黒星のコメント

FCバイエルン、ブンデスリーガで勢いに乗れず。ホッフェンハイムに2:1と勝利した後、昨季二冠のバイエルンは首位のマインツ05と対戦し、今季ホーム初黒星を喫した。敵将トーマス・トゥヘルがチームのサプライズ勝利に言葉を失うなか、ルイス・ファン・ハールははっきりと口にした:「ボールを多く失ったことがわれわれの問題。多くの選手たちが彼らの本来のフォームを下回っていた。」

コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「われわれにとって確実にいいゲームではなかった。スタートから試合にうまく入れなかった。マインツは豊富な運動量、アグレッシブさそして情熱をもってプレーしてきた、このキャラクターがわれわれには今日欠けていた。われわれは勝ち点3ポイントを奪い、上位浮上することを希望していた。敗戦により、ポイントを失い、この状況を挽回するようにしなければならない。勝ち点10ポイントは大きすぎる。」

ルイス・ファン・ハール:「われわれはマインツのプレッシングに対してとても苦労したと考えている。このことを知っていた、しかしこれに対応できず、前半20分間この包囲網を突破できなかった。ボールを多く失ったことがわれわれの問題。多くの選手たちが彼らの本来のフォームを下回っていた。それでも多くのチャンスを作りだした。今日は今季初の悪いゲーム、とても前線にうまくプレーしたマインツは勝利に値するチーム。彼らが多くのことを達成できると信じている、マイスターもだ。しかしこの一戦に勝つことができていた - われわれは単純にわれわれのチャンスを決めなければいけない。」

トーマス・トゥヘル(マインツ監督):「6連勝をキープすることは並外れたこと。少しばかり言葉を失っている。われわれはとても喜んでいる、私の選手たちは大称賛に値する。とても勇敢に試合に臨むことをわれわれは計画していた。同点の際にはツキがなかった、しかしそれを予感させるものがあった。後半にはとても勇敢に前線へと攻めて、テンポを高く保つことを試みた。サライの2:1のゴールはとてもすばらしかった。しかしながらわれわれが自分たちを実際よりも大きく感じることはない。」