presented by
Menu
ユーロ予選スタート

真剣勝負のバイエルン-グループ

2月上旬の抽選後、ゼーベナー・シュトラーセではまだ冗談を言いあっていた。しかし今、真剣勝負となる。金曜、バイエルンの選手たちがユーロ予選を迎える。ミロスラフ・クローゼ、フィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、トーマス・ミュラー、ホルガー・バドシュトゥバー、マリオ・ゴメスとトニー・クロースらドイツ代表はユーロ予選初戦でFCバイエルンのチームメートがいるダニエル・ファン・ボイテンのベルギー代表と対決することになる。

2012年ポーランド/ウクライナ共同開催の欧州選手権本大会出場に向けてFCバイエルンのチームメート同士が何度か対戦することになる。ドイツとベルギーのほか、トルコ(ハミト・アルティントップ)とオーストリア(デヴィッド・アラバ)がグループAに入っている。6チーム中4チームのなかに選出されているバイエルンプロ選手はユーロ切符を懸けて凌ぎをけずることになる。

金曜夜、最初のバイエルン対戦がブリュッセルで行われる。ベルギー対ドイツの一戦ではとくに1人の選手に注目が集まる:「Big Dan」、1m97のダニエル・ファン・ボイテンの母国での愛称。ベルギー人のFCバイエルンストッパーの母親はハノーファー出身、彼は彼女と一緒に南アフリカW杯ではドイツの成功を祈っていた。「ドイツにW杯のタイトルをあげたかった - 自分の母親のためにね、だけど単純にそうでもあるけど。一体になった感じがあった」と彼は語った。

ドイツ戦、それからトルコ戦

母国の代表の一戦はファン・ボイテンにとって、ミュンヘンの数多くの同僚と対戦することもあり特別な一戦となる。彼はクローゼと直接対決することになる。「ドイツ戦はとても難しくなる。彼らは本当にとても強い」と彼は知っていた、それでも彼はチャンスがあると考えている。「われわれはとても若くてタレントのあるチーム、再びビッグトーナメント戦に行きたい。そのためにわれわれはいいスタートが必要なんだ。」「赤い悪魔」が出場した最後のトーナメント戦は2002年の日韓共同開催のW杯。