presented by
Menu
ビール祭典開幕で勝ち点3

FCB、「鬼門」ホームケルン戦打破に意欲

ミュンヘンオクトーバーフェスト開幕 - しかしFCバイエルンにとってはまだ祭典はテーマではない。ルイス・ファン・ハールのチームは1.FCケルンとの一戦だけに集中している。ビール祭典開幕から3時間半後、1.FCケルンをアリアンツ・アレーナに迎える(15時15分からFCBライブテレタイプとFCB.tvのWebラジオで試合中継)。ドイツレコードマイスターは再び水曜日のASローマ戦の勢いをもたらすつもりだ。

ルイス・ファン・ハールも、「われわれは勝たなければいけない」と2試合連続未勝利およびノーゴール後にチームに要求した。FCB監督はローマとの「大きな結果」後、ポジティブにシーズン序盤をまとめた(「ここまでは満足している。われわれは昨季よりも勝ち点2ポイント多い。」)、彼のチームがW杯の影響からまだ本調子ではないことは知っている。「あと6週間かかる。この期間を乗りきらなければいけない。」

この期間に「鬼門」ホーム1.FCケルンと対戦することになる。同チームは近年、FCバイエルンの難敵として輝きを放つ。ケルンはアリアンツ・アレーナで唯一負けのないブンデスリーガチーム、レコードマイスターは8年間ホームでケルンに勝利していない。「バイエルン・ミュンヘンにとってこれは長い期間。これを変えなければいけない」とファン・ハールは述べた。

「我慢の戦いとなる」

1年前のケルン戦をFCバイエルンは忘れることない。全ての面で圧倒したが、結果は0:0。シュヴァインシュタイガーは当時、「ケルンは今日、自分たちのペナルティエリアではなく、彼らのエリアだけをみていた」とコメント。ファン・ハールはケルン戦についてこう評価:「壁のようだった。」