presented by
Menu
「だから彼はいつも出場するんだ」

FCB監督、ミュラーの芸術的シュートに夢中になる

トーマス・ミュラーは今季、理論的にいけばすでに6ゴール奪っている。通常であれば同21歳はカイザースラウテルンで100%の決定機および週末のブレーメン戦序盤でもビッグチャンスを決めていた。ASローマ戦の後半11分、フリーで敵GKジュリオ・セルジオの前でシュートレンジに入ったとき、普段であればW杯得点王はボールを蹴り込み、ボールがネットのなかで転がらなければならなかった。しかし実際には周知のとおり、ゴールを奪えずにいた。

ノーゴールに終止符がうたれた - 理論および実践のなかでもこのフットボール界でこれほど完璧にはシュートを放てない芸術的ゴールだった。ミュラーは右足のアウトフロントでペナルティーエリア右からダイレクトボレーをゴール左隅に放った。ミュラーの芸術的シュートを後方からみていたメインスタンドの観衆にとってはすぐに明らかになった: このボールは決まる。スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは、「ボールが足を離れた瞬間、私はすでに飛びだしていた、すぐにボールが入ると分かった」とコメント。

ミュラーは、「一つのゴールを決めるのに、多くのことがマッチしなければいけない。そこにはツキも必要」と試合後にコメント、その後にアリアンツ・アレーナのなかで喜びを爆発させた:「理論的にあのゴールを決めたかった、それが本当にうまくいくことは通常はない。」彼もボールとコンタクトがあったときに、理論が実践でもそうなると感じた。「ボールがこのように入るとは、もちろん完璧。」

おそらく「月間ゴール」の得点となる、このゴールが2試合ノーゴールのFCバイエルンを再び勝者の道へともたらした。トーマス・ミュラーがこのシュートを決めたことは驚きではなかった。ルイス・ファン・ハール監督は、「ミュラーからゴールをいつも期待することができる。彼はいつも情熱をもってプレーしている、彼はいつも得点できるところにいる - 私が彼を評価しているところであり、彼がいつもプレーする理由なんだ」とCL初戦で2:0と勝利した後に彼のお気に入りの魅力的な芸術的ゴールを称賛した。

疲労したミュラーが交代のサインをベンチに送り、ファン・ハールはミロスラフ・クローゼ(83.)の得点前にミュラーを交代させていた。ファン・ハールは、「これは万一彼がとても疲労したときに備えて、すでに話しをしていたことだ。彼がボスで、私はボスではない」とユーモラスにコメント。ミュラーは笑いながらこう話した:「僕がスランプだと考えた人はこれからもそう考えればいいよ。」