presented by
Menu
試合のコメント

「バイエルンは勝利に値するチームだった」

SCフライブルク戦に4:2と勝利 - FCバイエルンはブンデスリーガで次第に勢いを取り戻しつつある。3試合負けなし後にレコードマイスターは暫定で7位に浮上、これにより追撃をスタートさせた。ルイス・ファン・ハール監督は「この結果に満足している」とコメント、しかし同監督は2失点喫したことに憤慨していた。



コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「この結果に満足している。前半はいいゲームができなかった。後半には本当によくなった、だが再び失点を喫してしまった。彼らは後半に再びバイエルン・ミュンヘンのサッカーをみせてくれた - これが一番大切なことだ。シュヴァインシュタイガーは後半、違いをみせた: 中盤の真ん中でボールをキープ、そして配給していた。彼は本当にすばらしかった。」

マルティン・デミチェリス:「自分がまだ終わっていないということを示す大切な一日となった。先制点でチームを助けることができた。サッカーのキャリアはこんなもので、この状況から学ばないといけない。FCバイエルンにいることを感謝している、8年ここにいて、バイエルンを愛している。」

トニー・クロース:「再び試合にうまく入れず、テンポが遅過ぎた。自分たちのことをもっと信じて前線にもっと早くプレーしなければいけない。横にではなく縦へとプレーしないといけない。」

ロビン・ドゥット:「前半は均衡したチームの戦いを目にすることになった。バイエルンはゲームを制するつもりだったが、得点機を作れずにいた。バイエルンをゲームに入らせなかった。CKおよび1:0となった中盤のミスパスを悔やんでいる。われわれの攻撃はそこまで悪くなかった、しかしここで勝つためには十分ではなかった。バイエルンの後半の何度かのカウンターが得点に結びつかなかったことについてはわれわれはついていた。総合してFCバイエルン・ミュンヘンは勝利に値するチームだった。」