presented by
Menu
ルンメニゲが要求

「全力を尽くして勝つ」

ボルシア・ドルトムントで敗戦および12位と順位を下げた後、バイエルン代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲが明確な言葉でブンデスリーガ新シーズンのスタートに失敗したことに反応した。ルンメニゲは、「心配であり、そして真剣に受け止めなければいけない状況」と月曜日にミュンヘンでコメント、「スランプ」という言葉を口にすることを臆することはなかった。

ルンメニゲは、「われわれは皆、満足していない」と強調した。同レコードマイスターは、「誰にも気に入ることはない、皆に懸念させ、誰も満足させない状況」にいる。それでもルンメニゲはこう警戒した、「この真剣な状況のなかでも冷静さを失ってはいけない。われわれは次の一戦でポジティブに切り抜けられるように取り組んでいかなければいけない。」彼がBL第7節後に「目標を修正しよう」とは考えていなかった。「FCバイエルンは今、われわれがこのような状況でもまっすぐにそして修正することができることを示さなければならない。」

1週間前にサプライズ首位FSVマインツ05にホームで敗れた後に代表取締役社長はチームに義務を課した:「この状況のなかで今後の週に一つだけ大切なことがある: 勝つこと、全力を尽くして勝つ。われわれはこれに向かって取り組まなければいけない。」彼は、「どの選手からもこの目標を達成するために全てを出すことを期待している。」

最初の決断としてドルトムントに敗れた後、月曜日に計画されていたオクトーバーフェスト訪問がキャンセルされた。その代わりにルイス・ファン・ハール監督が急遽、トレーニングをすることにした。「敗れて、オクトーバーフェストで乾杯することは必ずしも必要ではない。オクトーバーフェスト訪問は正しいものではなかっただろう」と強調、そしてこう付け加えた:「ハードワークをするべき、お祭り騒ぎをしているときではない。」

ルンメニゲはハノーファー96とのホーム戦でチームの「反骨心」を要求した:「われわれがハノーファー戦のためにピッチ上に立てば、相手に勝たなければいけない。われわれはハノーファー相手との対戦では、われわれのファンためにわれわれの過去3、4試合のブンデスリーガの結果を埋め合わしなければならないと私は考えている。バイエルン・ミュンヘンらしくないことが続いた、すぐに変えることが大切となる。」