presented by
Menu
クルージュ戦のコメント

「全得点がとても奇妙だった」

FCバイエルンはクルージュに3:2と勝利したことによりCL16強進出に王手をかける。ドイツレコードマイスターは3戦3勝と勝ち点9ポイント。この日の夜の勝者は満足していた。相手の2度のオウンゴールがバイエルンの決めてとなったのは言うまでもない。それでもファン・ハール監督はこう気がついていた:「最終的に勝利に値するチームだった。」


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「今日は本当にツイていた。しかしながら、10人の敵がボールを追いかけるとなると難しくなる。あまりチャンスを許さない一方で、数少ないチャンスしか作れなかった。このため相手が2度オウンゴールしたことは嬉しかった。MFはいいプレーをしていた。シュヴァインシュタイガー、クロースとオットルはうまくボールを動かしていた。シュヴァインシュタイガーを早くに交代させなければいけなかったのは残念だ、Dr.ミュラー=ヴォールファートが彼を70分間だけプレーさせるようにと言っていたからね。2失点目は喫してはいけない、そこではいい守備ができていなかった。だけどわれわれは最終的に勝利に値するチームだった。」

マリオ・ゴメス:「全ての得点がとても奇妙だった。だけどこれがサッカー。長いことゴールが決まらないなかで、一人でにゴールが決まる。出場させてもらえることやゴールを決められることを喜んでいる。だから今のところ、自分はとても喜んでいる。サッカーでは全てのことがとても早くに進む。これが続くように全てのことをしたい。自分たちが試合に勝つことができるという信頼が再びある。ツキは再び自分たちの方にある。」

トーマス・ミュラー:「僕たちは長い時間帯、試合を制していた、だけどセットプレーからリードを許した。僕たちのサイドではオウンゴールが2度もあったことはツイていた。これはいつも見られることではない。全体的に集中してプレーすることを試みたけど、何故かキレがなかった。自分たちが勝ったことを満足している。グループの状況はいい。この試合をハードワークの勝利と位置づけることができると考えている。」