presented by
Menu
残りのメンバーで浮上のきっかけをつかむ

「勝利の執念と全力での戦い」

ゼーベナー・シュトラーセのFCバイエルントレーニングセンター1Fにウェイトとリハビリルームが存在する。そこでケガをしている選手たちが様々な器具を用いて、復帰に向けて汗を流す、または隣接するメディカルチームから治療を受ける。トレーニングのレスト中には6枚の大きな窓が横並びになるところからピッチとフィットな選手たちに視線を注ぐことができる。

金曜昼、アリエン・ロッベン、バスティアン・シュヴァインシュタイガーおよびチームメートらが前日調整に注目していた。ルイス・ファン・ハール監督がチームをヘルマン・ゲルラント率いるアマチュアチーム相手に土曜日のハノーファー96戦に備えて試合をさせた。

ファン・ハールはハノーファーとの一戦、9選手を負傷で欠くことになる。「このような状況を今までに一度も経験したことがない」とバイエルン監督はコメント。ケガ明けのバスティアン・シュヴァインシュタイガーとダニエル・ファン・ボイテンは59歳の見解ではよくてベンチ入り、第7節後に勝ち点8ポイントとクラブ史上最悪のシーズンスタート後だがディフェンディングチャンピオンにとっては同チームとの対戦では勝利だけが大切となる。

最新のバイエルンマガジンでは代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲの言葉が赤字および太字で伝えられた:「この問題が時間とともに解決されなければならないと考えている。この状況ではわれわれにとって勝利に代えられるものは何もない。」ファン・ハールもたくさんの負傷者のなかでもハノーファー戦の目標を変えるつもりはない:「われわれにはいい選手がいる、全てのポジションに2人の実力者が揃う。私の選手たちを信頼している。」

オットルとチームメートが抵抗する

ロッベン、リベリーまたはクローゼの代わりにティモシュチュク、オットルまたはブラーフライトらがFCバイエルンの転換のきっかけを作らなければいけない。ファン・ハールは、「出場機会を長いこと待っていた選手たちがプレーすることになる。彼らがどのぐらいの力があるのか示すことができる」とコメント。同監督はこのため試合を「楽しみ」に、そして特に彼の残りのメンバーたちが3位のハノーファー相手にどのような試合をみせてくれるか「興味」がある。

ルンメニゲはチームから「彼らが2009/10にわれわれに成功をもたらしたもの: 情熱、飽くなき勝利への執念と全力での戦いをみせてくれることを期待している。」カザフスタン戦の得点で自信を培ったマリオ・ゴメスが必要なゴールを奪うつもりだ:「ハノーファー戦で得点を奪えることを望んでいる。」

トニー・クロースは(得点を奪うのは)早ければ早いほどいいと述べた。「自分たちのホームで先制しなければならない。これが今の状況では自分たちをとても助けることになる。」今季、バイエルンがブンデスリーガで先制したのは一度だけ。第1節のVfLヴォルフスブルク戦、ここまでで唯一勝利したホームゲームである。「僕たちにとって重圧は大きいことは確か」とクロース、「だけど僕たちがこれに耐えられることを確信している。」