presented by
Menu
ドルトムント戦のコメント

「強力なとどめの一撃だった」

クリスティアン・ネルリンガーが試合後、「強力なとどめの一撃」と話せば、ウリ・ヘーネスは、「最大規模の出来事」とコメント。カール=ハインツ・ルンメニゲは強調:「FCバイエルンが首位に勝ち点13ポイント差、こんなことがあってはならない。」ドルトムントでの0:2の敗戦後、FCバイエルンの首脳陣が明確な言葉を発した。

ルイス・ファン・ハールもうんざりしていた。「起こっていることは信じられないことだ」とFCB監督はコメント、「われわれは再びチャンスを活かせずに敗れた。もちろん大きなビハインドを負っている、しかしシーズンはまだ長い。」

コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「われわれは懸念を抱いている、当たり前のことだ。首位に勝ち点13ポイント差 - 全くもって気に入ることはない。ここを切り抜ける方法は勝つしかない。リーガ中断期間後のホーム戦では勝利だけが大切だ。そこで勝ち点を集め始めなければいけない。FCバイエルンが首位に勝ち点13ポイント差、こんなことがあってはならない。前半はいいゲームだった、しかし数多くの得点機から得点を決めることができなかった。0:1の後には奮起すること、相手に圧力をかけることが欠けていた。ドルトムントは木曜日にゲームをしている、確実にわれわれはもっと重圧をかけなければならなかった。われわれは首位に勝ち点13ポイント離されなければいけないようなチームではない。この状況を早く切り抜けるために分析しなければならない。FCバイエルンにとって続いてはいけない状況だ。」

クリスティアン・ネルリンガー:「われわれが話さなければいけないときがやってきた。全員に呼びかけなければいけない: 起きろ!今日は強力なとどめの一撃だった。われわれは相手に今のところとても容易にさせている。ゴールを奪うことが信じられないほど大変だ。われわれは多くのことを投じている、しかしボールをライン上に押しこむができない。そして始めのシュートがたびたびわれわれのゴールに転がる。立て直すことがいつからか難しくなる。それを今日目のあたりにすることになった。とくに0:2となった後にはチームがこのビハインドをひっくり返すことを信じることができなかった。この状況にわれわれは一丸となって取り組むことになる。昨季もこの状況を経験している - 結果は周知のことだ。次のホーム戦から勝者の道に戻らなければいけない。」

ウリ・ヘーネス:「マインツは勝ち点13ポイントリードしている。これは想定可能な最大規模の出来事。われわれがだまされてはいけない時期がやってきた。」

ルイス・ファン・ハール:「再三言っていることしか言うことがない。前半相手を制し、4から5度チャンスを作りだした、しかしゴールを決めることができなかった。ドルトムントはチャンスのないなか、この試合ファーストシュートで先制、そして試合に勝利した。個々のミスは監督としては妨げることはできない。これは自信とも結びつきがある。起こっていることは信じられないことだ。われわれは再びチャンスを活かせずに敗れた。もちろん大きなビハインドを負っている、しかしシーズンはまだ長い。とても難しくなる、しかしわれわれは引き続き信じなければならない。」

マルク・ファン・ボンメル:「われわれは決定力不足で自分たちを自ら苦しめてしまった。前半には3度の絶好機および2度の好機があった、ドルトムントはチャンスがなかった。実際には試合に勝たなければいけなかった。相手はハーフタイム後にパフォーマンスを上げたわけではなく、われわれが自分たちのミスから失点を許してしまった。どの選手も反省しなければならない: 成功のために100%でやっているのか?これをしなければいけないし、倒れるまで走らなければいけない。われわれはどの試合でも相手を上回っている、しかし戦うことも必要なんだ。」

ユルゲン・クロップ (BVB監督):「前半ゲームに入ること、そして自分たちのゲームをすることが大変だった。バイエルンは強く、マリオ・ゴメスには本当に大きなチャンスがあった。われわれは情熱をもって凌いだ。今日はハーフタイムがあったことを喜んでいる。われわれはそこで話しをしたんだ: まだ0:0だということをいいことだ。われわれはまだいいゲームをしていない。われわれがいいプレーをすることを始めれば、勝つチャンスが本当にある。両ゴールとも運を引きよせたゴールだった。バイエルン・ミュンヘンは今日いいゲームをしていた、先制する可能性もあった - これがうまくいかなかった。われわれが先制することになったんだ。」