presented by
Menu
バイエルン、前を見据える

「成功するために全てのことを投じる」

ルイス・ファン・ハールが木曜昼、彼の自伝について話すためにFCB.tvスタジオに出演。彼のインタビューがスタートする前、FCバイエルン監督の注意はグランドに向けられていた。スタジオのパノラマ窓から同監督はピッチ上を監視。アシスタントコーチのアンドリース・ヨンカーとヘルマン・ゲルラントがトレーニングをしていた - ファン・ハールはこれまでFCバイエルンのピッチ上で進行したことにいつも満足するということはできなかった。

BL第7節後に12位、そして首位マインツとの勝ち点13ポイントの差が明確な言葉を生むきっかけとなった。ウリ・ヘーネスとカール=ハインツ・ルンメニゲに次ぎ、スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーも木曜日発売のサッカー専門誌「キッカー」のなかではっきりとコメント:「われわれは背水の陣。すぐにわれわれは生死を懸けたゲームを戦うことになる、とりこぼしがわれわれのタイトルヘのチャンスを少なくすることになる。われわれは今、12月22日まで連勝しなければならない。われわれは勝たなければいけない。」

ファン・ハールは連勝が次節の「ハノーファー戦」からスタートすることを願っている。オランダ人監督はリーガ制覇をまだ諦めていない。タイトルは依然として「実現できること。われわれは昨年よりもわずかに勝ち点3ポイント少ないだけ」と彼はコメント、「われわれがタイトルを獲得するかどうかは約束できない。しかしわれわれがそのために全てのことを投じることは約束できる。」

74/75シーズンを繰り返すことはない

59歳は1974/75シーズンのことを回想していた。FCバイエルンは当時、W杯および前シーズンにドイツマイスターとUEFAチャンピオンズカップで優勝を飾った後にリーガ10位に低迷。ファン・ハールは、「W杯と多くの成功が次のシーズンに影響を与える」と気がついていた。