presented by
Menu
ハノーファー戦のコメント

「最も重要なのは勝ったことだ」

FCバイエルンがブンデスリーガで追撃をスタート。ハノーファー96との一戦、まだ全てが最適ではないなかでミュンヘンが3:0と快勝。マン・オブ・ザ・マッチは全ての3得点をドイツレコードマイスターにもたらしたマリオ・ゴメス。ルイス・ファン・ハール監督は「首位まで勝ち点10ポイント差。これは挽回できること、しかし最も重要なのは、今日自分たちが勝ったことだ」とハノーファー戦に勝利後に喜びを語った。

コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「前半はそこまでいい出来ではなかった。ファーストチャンスがすぐに得点に結びついた。これがいつも大切なこと。バスティアン・シュヴァインシュタイガーが出場した後半途中からわれわれはよりうまく試合を作れた。マリオ・ゴメスはすでに代表で得点を決め、ここでも3得点を奪った。これは一人のストライカーにとってとても大切なことだ。これにより自信が戻ってくるからね。今後数週間で絶好調のマリオ・ゴメスをみられることになると考えている。」

マリオ・ゴメス:「90分間プレーをすれば、自分の能力を示すときやチャンスがある。今日はうまくいったと喜んでいる。自分の能力をいつも分かっていた。万全で健康であれば、得点を奪ってチームを助けることを試みることになる。今日はとてもうまくいった、だけど3度すばらしいアシストも受けた。」

ミルコ・スロムカ:「長い時間帯いいアウェーでの戦い方をみせていた、始めの20分間攻め立てた、しかしながらゴールへの執念が足りず、決定機も作れなかった。バイエルンはわれわれのミスを利用してきた。後半は前線への攻撃、引き続き重圧をかけること、リスペクトを払わないようにしようとした、その時に2:0の追加点を奪われることになった。」