presented by
Menu
4得点に4つの境遇

「4選手の活躍をとても喜んでいる」

マリオ・ゴメスの献身的なプレーがゴールに結びついた。得点前から彼は機敏な動きをみせていた。再三に渡り、巧みなポストプレーを披露。この直前には、もう少しで得点が決まるところだった。フライブルクGKオリヴァー・バウマンがバイエルンFWの至近距離からのシュートをセーブするために瞬時の反応をみせた。ダニエル・プラニッチのコーナーキック(CK)からのヘディングシュートの際には彼はなす術がなかった。

BL第7節からスタメン出場する25歳の今季4得点目、この得点でFCバイエルンでは得点ランキングナンバーワン。彼はバスティアン・シュヴァインシュタイガーのほかに今季の全3大会でゴールを奪った唯一のバイエルン選手。

デミチェリスが快勝の口火をきった。FCバイエルンに前半39分、ヘディングで先制弾をもたらした。GKヨルク・ブットは試合後、「ミーチョは本当にとても大切なゴールを決めた」とコメント。バイエルンの攻撃がちぐはぐしていたときに、彼のブンデスリーガ13得点目が生まれ、1点リードで前半を折り返すことができた。