presented by
Menu
ドイツとトルコが激突

アルティントップvs.バイエルンチームメート

FCバイエルンでは共にタイトルを懸けて戦い、ほぼ毎日彼らは一緒にピッチに立っている。しかしこの金曜夜、この友情が一時休止となる。ハミト・アルティントップは、「90分間だけ」とドイツ-トルコ戦を前にfcbayern.deにコメント。「どちらかというとFCバイエルン対トルコ」とアルティントップはドイツ代表のFCバイエルン6選手について述べた。「楽しみは大きい、特別なゲームとなる。」

このことを選手たちはピッチに入場したときに気がつくことになる。ベルリンのオリンピアスタジアムは74.244人の観衆で完売し、3万人のトルコファンが予想される。トルコとのユーロ予選ホームラストマッチ(1999年10月ミュンヘン)では相手のファンは観客の半数を上回っていた。

「ニュートラルなピッチ上での戦い」

ドイツチームのホームゲームだということを金曜夜に計算できない。アルティントップは、「ニュートラルなピッチ上でのゲームと言うことができると信じている」とコメント。同MFはこの一戦でトルコ代表戦60試合目を迎える。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「ベルリンには多くのトルコファンがいる。自分たちにとって本当にホームゲームかどうかはやってみないと分からない」と述べた。同選手はケガのために代表を辞退した。

フィリップ・ラームはいずれにしても「スタジアムのすばらしい雰囲気」を予想している。「トルコが(W杯)予選突破できなかった後に多くのトルコ人が僕たちにW杯の健闘を祈ってくれていたと知っている。」代表主将はピッチ上でも、熱いゲームになると予想している。「ハミトはトルコがこの一戦に向けて熱く燃えていると言ってきた。自分たちにとっても同じこと。」

「方向性を示すつもりだ」

キックオフを前に両サイドは、「方向性を示すこと」が大切になると強調した。ドイツチームは強力なライバルに勝ち、グループ首位突破に向けて大きなステップを踏むつもりだ。ラームは、「僕たちはスタートから全力でいく」とコメント。トルコはグループA首位に躍りでるつもりだ、同時にW杯出場を逃した後、W杯3位相手に勝利してヨーロッパのトップチームとしてカムバックしたいとも考えている。アルティントップは、「グループ首位突破に必ず決め手となるわけではないが大切なゲーム。だけど自分たちも方向性を示したい」とコメント。