presented by
Menu
3得点と「少しばかりの魔法」

ゴメスデー

10月1日から兆候があった。全てのポジションからゴールを奪ったドルトムント戦前のトレーニングが始まりだった。カザフスタンとの代表戦で3年ぶりに代表公式戦ゴールを決めた。

そして土曜、マリオ・ゴメスがハノーファー戦の全3得点を奪った。8ヶ月ぶりのブンデスリーガゴールであり、ドイツレコードマイスターでは初のハットトリックとなった。彼がスランプから脱出したことは単なる「偶然」ではなく、「運命」だったと彼は述べた。これがすぐにハットトリックに結びついたことは25歳にとっても信じられないことであり、「少しばかりの魔法だった。」

運命、偶然、魔法 - いずれにしてもゴメスの不振からの脱出はたまたまではなかった。「この日を待っていた」と彼は言い、「過去数週間ほど試合に出場できないときは、少なくとも自分のためにいいトレーニングをするように試みた。」2週間前にドルトムントでルイス・ファン・ハールは彼に今季初となるスタメンのチャンスを与えた。

15回の途中出場

ゴメスは代表戦後のハノーファー戦でスタメン出場、今回はいいゲームをするだけではなく、得点も奪った。「もちろんこれは嬉しいこと、長いことプレーしていなかったから。再び自分は中心にいる。このことを楽しんでいる」とマン・オブ・ザ・マッチはコメント。同FWが自分のことを疑うことを一度もなかった。「自分に何ができるかを知っている、いつも言ってきたことがある: スタメンの機会があり、健康であり、万全であれば、ゴールも奪うことになる。」

スタメンからの出場からゴメスは長く遠ざかっていた。ブンデスリーガ25試合で10得点を決めた後、3月上旬に負傷、これ時以来ライバルのミロスラフ・クローゼやイヴィチャ・オリッチの控えに回らなければならなかった。ケガが完治してから15回途中出場、そして一度だけスタメン出場していた(4月のレヴァークーゼン戦)。