presented by
Menu
クルージュ戦で3選手復帰

シュヴァイニー、オリッチとファン・ボイテン復帰間近

FCバイエルンの緊迫した人手不足がCL第3節CFRクルージュ戦でいくらか緩和することになる。ルイス・ファン・ハール監督は火曜の一戦、アリアンツ・アレーナで再びバスティアン・シュヴァインシュタイガーを構想に入れることができる。イヴィチャ・オリッチとダニエル・ファン・ボイテンも恐らくルーマニア国内二冠のクルージュとの一戦で再び復帰してくることになる。

シュヴァインシュタイガーは足を負傷した後、土曜日にハノーファー96との一戦に25分間出場した。同代表MFはミュンヘンのゲームに安定感をもたらした。ファン・ハールは「シュヴァインシュタイガーはピッチ上のボスだった」と称賛した。

「ミーチョ」ではなく「ティモ」が出場

ファン・ハールはFWのオリッチが鼻骨骨折後にクルージュ戦で「カムバック」すると考えている。同クロアチア人は日曜朝、トレーニングに参加。ファン・ボイテンも背筋痛の後に出場が期待される。マルティン・デミチェリスではなく、MFのアナトリー・ティモシュチュクが同ベルギー人の代わりにハノーファー戦でセンターバックとして出場した。同ウクライナ人はDFで非のうちどころのないプレーをみせた。

アリエン・ロッベン、フランク・リベリー、ブレーノ、ディエゴ・コンテント、マルク・ファン・ボンメル、ミロスラフ・クローゼとデヴィッド・アラバが引き続き欠場する。ハノーファー戦ではファン・ハールは合計10人のプロ選手を起用することができなかった。