presented by
Menu
再びマン・オブ・ザ・マッチ

シュヴァイニーが2得点

バスティアン・シュヴァインシュタイガーが火曜夜、もの凄い勢いで彼の監督の下に飛び込んだ。ルイス・ファン・ハールは微動することなく、彼の選手とともに喜びを分かち合い、シュヴァインシュタイガーが彼から離れた後に自らも歓喜の雄叫びをあげた。

ファン・ハールは「昨年はノーゴール、彼はとてもがっかりしていた。彼に言ったんだ: 重要なことではない。ほかの者がゴールを決めれば、それでもいいんだ」と語った。「彼は今日、ゴールを決めた。」この一戦では一気に2ゴール。前半27分にまずは同点弾、後半29分にはFCバイエルンに決勝弾をもたらし、レコードマイスターをDFBカップベスト16進出に導いた。

この日2点目の豪快な30メートル弾を決めた後、シュヴァインシュタイガーが彼の喜びを爆発させた。「ゴールを決めなければいけなかった、単純にそれだけなんだ。スペースがあって、ボールがこちらに来るのを待っていた。ボールが来てよかった」と試合終了後に月間ゴールにノミネートされた自身のゴールについて述べた。「ゴールを決めることも自分の仕事。試合を決めるゴールを奪えれば、よりすばらしいことだね。」

シュヴァインシュタイガーが今季、ゲームを決めるシュートを決めたのは火曜日のブレーメン戦だけではない。ヴォルフスブルクとのブンデスリーガ開幕戦で決勝弾、CLバーゼル戦と昨夜のDFBカップのブレーメン戦では2得点を決めて逆転勝利をもたらしている。26歳は今季5ゴールを決めた、全ゴールがとても重要だった。シュヴァインシュタイガーは今現在、FCバイエルンのマン・オブ・ザ・マッチである。

7度、ポスト直撃

シュヴァインシュタイガーは昨シーズン、相手ゴール前ではついていなかった。7度ポストが彼の得点機を妨げた。ルイス・ファン・ハールが「ノーゴール」と言うもの、シュヴァインシュタイガーは昨季ゴールを決めている、しかしわずかに3得点(ブンデスリーガ2得点、DFBカップ1得点)。

クリスティアン・ネルリンガーは「彼をとても評価している、彼は完全なる主力」とコメント、「昨年はついていなかった、だけど今ゴールを決めている。彼のスキルに決定力が加われば、彼はトップクラス。」シュヴァインシュタイガーはゴールを決めることは「自分の役割」ではないと気がついていた、「試合を作り、テンポを操り、賢明なパスをだすことを試みている。」