presented by
Menu
ユーロ予選とテストマッチ

バイエルン13選手、代表戦へ

ブンデスリーガ第7節後、この2週間代表戦のためにリーガが中断する。バイエルンの大半の選手が10月8日および12日にポーランド/ウクライナ共同開催の2012年ユーロ本大会を懸けて戦うことになる。ほかの選手たちは各代表とともにフレンドリーマッチ戦に臨む。fcbayern.deはどの選手がどこでプレーすることになるのかをまとめてみた。

金曜夜、ドイツのグループA組ではベルリンでとても特別な一戦が開催される。フィリップ・ラームミロスラフ・クローゼマリオ・ゴメストーマス・ミュラーホルガー・バドシュトゥバーおよびトニー・クロースらはドイツ代表とトルコと対戦することになる、おそらくトルコ代表としてハミト・アルティントップも出場することになる。

オレンジ軍団、トップゲーム

ヨアヒム・レブ代表監督イレブンは火曜、アスタナでカザフスタンと対戦、アルティントップは2002年W杯3位のチームとともにバクでアゼルバイジャンと対戦しなければならない。グループA組ではダニエル・ファン・ボイテンがベルギー代表としてアスタナでカザフスタンと対戦する、4日後には彼らはブリュッセルでオーストリア選抜を迎えることになる。

FCバイエルン主将マルク・ファン・ボンメルと準Vのオランダがユーロ本大会に向けて難しい2試合を戦うことになる。グループE組ではオランダはキシナウ/モルドバでアウェー戦、4日後にはアムステルダムで今現在同勝ち点のスウェーデンと対決する。

ウクライナとテストマッチ2試合

金曜日にグループF組でもトップゲームが行われる。イヴィチャ・オリッチダニエル・プラニッチを擁する首位クロアチアは土曜、ラマトガンで同勝ち点のイスラエルと対戦する。3日後にはクロアチアはザグレブでノルウェーとフレンドリーマッチを行うことになる。

同様にユーロ開催国としてすでに本大会を決めているアナトリー・ティモシュチュクのウクライナもフレンドリーマッチを戦うことになる。10月8日にキエフでカナダと対戦、3日後の10月11日にはウクライナはプライド・パーク・スタジアム(イングランド)で5度のW杯覇者ブラジルと対戦することになる。

デミチェリス、極東へ

FCバイエルンプロ選手のなかで長距離遠征となるのがマルティン・デミチェリス: 同29歳は金曜、埼玉でアルゼンチン代表と2002年のW杯開催国と対戦するために日本遠征することになる。元バイエルン選手であり、今現在はSSCナポリ所属のホセ・ソサも代表入りした。

代表戦に帯同しなかったのはケガをしているバスティアン・シュヴァインシュタイガーアリエン・ロッベンフランク・リベリーデヴィッド・アラバとU21のディエゴ・コンテントエドソン・ブラーフハイトは今回、代表に招集されなかった。