presented by
Menu
試合のコメント

ファン・ハール:「とてもすばらしい」

DFBカップ16強進出した後のFCバイエルンの喜びは大きかった。クラウディオ・ピサロのゴールにより早い時間帯にビハインドを負うなかで、レコードマイスターは昨季のファイナリストのヴェルダー・ブレーメンとの一戦、バスティアン・シュヴァインシュタイガーの2得点で逆転勝利を収めた。2得点のMFは試合後、「トップチームと戦って、次のステージに進出できたことを嬉しく思っている」とコメント。


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「とてもすばらしい。われわれには本当に故障者が多い、実際には信じられないことだ。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「トップチームと戦って、次のステージに進出できたことを嬉しく思っている。ハーフタイム後すぐはいいサッカーができなかった、ブレーメンが2得点目を決めることができていた。そこを自分たちは反省しなければいけない。自分たちもいいチャンスがあり、前半は相手を上回るチームだったと考えている。勝って2回戦を突破、これが一番大切なことだ。」

トーマス・ミュラー:「前半1分にビハインドを負ったが、前半はすばらしい出来だった。後半の20分間は簡単にボールを失い、秩序がうまく保たれていなかった。ブレーメンは危険でゴールが決まっていても自分たちは文句を言うことはできなかっただろう。次のステージに進める、これを続けていかなければいけない。」

トーマス・シャーフ:「今日は自滅してしまった。5度の絶好機があり、後半には100%のチャンスが5度あった。これを決めて、リードできなければ、このようなゲームに勝つことはもちろん難しくなる。これは本当にムダなこと、次のステージに進出するためにここにやってきたんだ。前半は苦戦した、試合に入れていなかったからね。ハーフタイムの後には基本的に前半よりもよくて、チャンスを作りだした。相手が一度われわれのゴール前に現れ、華麗なゴールを決めた。この敗戦を受け入れなければならない。」