presented by
Menu
FCB離脱組

ファン・ボイテンとコンテント、復帰迫る

イヴィチャ・オリッチは土曜、マスクを装着せず。2週間前に鼻骨を骨折してカムバックを果たした同FWは昨日の一戦、まだブラックのマスクをはめていた。彼はハンブルクでのアウェー戦(0:0)で4分間出場した。

ルイス・ファン・ハールは「オリッチが少しばかり復調してきた」と述べた。このなかで彼はこうコメント:「彼はマスクをつけて試合をしなければいけない、これは難しいことだ。」オリッチは10選手いるFCB離脱組から最初に復帰してきた選手。アリエン・ロッベン、フランク・リベリー、マルク・ファン・ボンメル、ミロスラフ・クローゼ、ダニエル・ファン・ボイテン、ディエゴ・コンテント、デヴィッド・アラバ、ブレーノとルーヴェン・サッテルマイアーは依然として欠場している。

ファン・ハールは「ファン・ボイテン、もしかするとコンテントも戻ってくる最初の選手たち」とハンブルクで示唆した。2人のうちの1人、または2人とも火曜日のヴェルダー・ブレーメン戦または金曜日のBLフライブルク戦でカムバックするかどうかについてFCバイエルン監督が明言することはなかった。

リベリー、あと2週間

ファン・ボイテン(背筋痛)は土曜、昨日のリザーブ組のトレーニングに部分的に参加することができた。コンテントはピッチ上にいなかったが、木曜日にいくつかのエクササイズを集中的に行った。FCBの離脱組の状態についてファン・ハールは月曜午後、プレストークのなかで情報を伝えることになる。

リベリーとロッベンの回復具合について、カール=ハインツ・ルンメニゲはハンブルクで小さな可能性を示した。FCB代表取締役社長は「フランク・リベリーの場合はあと2週間かかる、アリエン・ロッベンのケースではクリスマスまで我慢しなければいけない」とコメント。