presented by
Menu
チームニュース

レブ、バイエルン7選手を招集

FCバイエルンの7選手とともにドイツ代表はトルコ(10月8日、ベルリン)およびカザフスタン(10月12日)のユーロ予選に臨むことになる。ヨアヒム・レブ代表監督は金曜、フィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ミロスラフ・クローゼ、トーマス・ミュラー、ホルガー・バドシュトゥバー、マリオ・ゴメスおよびトニー・クロースら22人を代表チームに招集した。ドルトムントのケヴィン・グロスクロイツも初めて公式戦のメンバーとして呼ばれた。同22歳は5月にマルタとの慈善試合において代表戦デビューを果たしている。レブは、「われわれはとくにW杯および9月のユーロ予選で実証済みの力を信頼することになる」とコメント。

リベリー、ギプス外れる

フランク・リベリーは金曜、右足のギプスを10日ぶりに外すことになった。同フランス人はこれから10日間、スペシャルシューズを履き、月曜日からアクティブにリハビリを開始することになる。リベリーはホッフェンハイムとのアウェー戦で右足首の外側靭帯を断裂および関節包を負傷。復帰に10月下旬まで時間がかかる見込み。