presented by
Menu
FCB離脱組

太ももに違和感: クローゼがトレーニング中断

FCバイエルンの医療部門は引き続き、強い重圧のなかで活動することになる。イヴィチャ・オリッチとダニエル・ファン・ボイテンがケガから復帰した後、ミロスラフ・クローゼが痛みを訴えた。

同FWは水曜、トレーニングを中断した。クローゼはエクササイズを終了する前に右太ももの後方に違和感を訴えた。彼は同箇所の肉離れを克服したばかりだった。

コンテントとブレーノ、チームトレーニング参加

ディエゴ・コンテントとブレーノがチーム練習に参加、しかしファン・ハールは両選手を細心の注意を払ってトレーニングで調整させていくつもりだ。マルク・ファン・ボンメル主将もフライブルク戦では欠場することになる。

調子を上げているのがフランク・リベリー。今週からフランス人は痛みなしでランニングを消化している。2週間後には出場に向けてスタンバイするつもりだ。バイエルンはウィンターブレイク後にアリエン・ロッベンを構想に入れることになる。