presented by
Menu
至福感?安堵感!

正しい方向への第一歩

ルイス・ファン・ハールがハノーファー96との一戦を前に、プレス談話でAZアルクマール監督時代について報告。2007年2月のPSVアイントホーフェン戦を前には彼のチームは首位に勝ち点11ポイント遅れをとっていた、最終節には首位としてタイトル奪取を逃した。10月にすでに勝ち点13ポイント差 - ファン・ハールの話しをいずれにしても理解することができる。

およそ27時間後、故障者続出のために人手不足となったチームがここまで3位のチームに3:0とホームで快勝した後にファン・ハールは満足および心底の笑顔でコメント:「勝ち点10ポイント、これは大きなことではない。」第8節後、首位に躍り出たボルシア・ドルトムントとバイエルンの差である。

ライバルに宣戦布告するためにはまだ時期が早すぎる。しかし今季3勝後、バイエルンでは安堵感だけではなく、控えめながらの楽観があった。代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「今、楽観的になることは誤ったことである。しかしながら2連敗した後にリアクションを示したことは大切だった。チームはこの不振から抜け出すことを試みなければいけなかった。彼らがそのために準備ができているという大切なゲームだった」とコメント。

代表取締役社長は1月にフルメンバーでタイトル争いに加わるためにももう一度ウィンターブレイクまでに5、6ポイント挽回するつもりだ。「クリスマスまでに勝ち点を奪い、上位に浮上することを目標にしなければならない。」敵はクリスマスの七面鳥を楽しむときに熟考することになる:「彼らが食べ過ぎる1グラムが後期には問題になりかねない。」