presented by
Menu
ファン・ハール447ページ

自伝&ヴィジョン - 「私の人生についての本」

トルゥース・ファン・ハールがマイクをもったときにはイベントがすでに40分が経過していた。FCバイエルン監督夫人が「彼女の」ルイスとどのように知り合ったのかを語った。1995年4月のアヤックス・アムステルダムでのFCバイエルン戦がいくらかきっかけとなった。トルゥースは、「申し訳ない」と彼女の隣に居合わせたカール=ハインツ・ルンメニゲ、カール・ホプフナーおよびウリ・ヘーネスらFCバイエルンの首脳陣らに向けてコメント。「アヤックスが4:1で勝ったのかしら?」トルゥースがホプフナーに質問を投げかけると、「4:2」と同取締役が修正。その後に舞台側から「5:2」との低い声が響いた。これ以上の反論は不可能だった。この言葉のなかにルイス・ファン・ハールの全てのキャラクターをのぞかせた。

この水曜昼、ルイス・ファン・ハール、人間性および監督としての人物像が明らかになった。同59歳がアルフォンス・シューベックのレストラン「Suedtiroler Stuben」で彼の2巻セットの本「自伝&ヴィジョン」を公にした、10月11日からドイツ語翻訳版もだされる。1年前に全部で3kgの2冊を故郷オランダで公表、ドイツ語バージョンではファン・ハールはFCバイエルンを2章に渡って取り上げている。

サッカー監督は最初のサンプルを個人的にFCB取締役ルンメニゲおよびホプフナー、取締役代行アンドレアス・ユング、スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーそして会長ウリ・ヘーネスに贈呈、同会長は彼の「自伝」に寄与したことになる。選手たちも間もなく本を手にすることになるとファン・ハールは示唆した。オランダで第1刊が公になったときに多くの人が彼に質問していた:「翻訳版はいつでるのか。」今、ついにこのときがやってきた。

「自伝」と「ヴィジョン」

FCバイエルン監督は本を出版することを長いこと嫌がってきた。「もしかすると私は傲慢かもしれない、しかし私は実際よりもいいサッカーについて本を書くほど傲慢ではない」と彼は当時のプロジェクトに対する反感を口にした。「説得された。」2006年に彼はスタートすることになった。「知識を伝えることは誰にとっても義務」と彼は彼を動かした理由を説明した。