presented by
Menu
英国からカザフスタンまで

12選手が代表戦を戦う

ルイス・ファン・ハール監督が月曜、チームにトレーニングオフを与えた - よりうまく言えば彼の下でトレーニングをしている一握りの選手たち。今もなお12人の代表選手たちが火曜の夜に勝ち点および得点を奪うために散らばっている。

最も東欧にいるのがフィリップ・ラームミロスラフ・クローゼマリオ・ゴメストーマス・ミュラートニー・クロースおよびホルガー・バドシュトゥバー、彼らはドイツ代表とともに110年のドイツサッカー史上で最も長距離の旅をユーロ予選のために体験。4千キロ離れたアスタナでカザフスタンと初の代表戦を戦うことになる。

特別な措置

ラームはトルコ戦に3:0と勝利した後、まだここまで勝ち点のないカザフスタンで勝たなければいけないと要求した。「再び同じように集中して、そしてアグレッシブに試合に臨まなければいけない、そうすれば勝ち点12ポイントでスタートできる。」この一戦の前、相手のことについてあまり報道されることはなかった - 世界ランキング126位との一戦では、人工芝で23時(現地時刻)に試合開始。

ここでも特別な処置が重要になる。ドクターの助言によりラームとチームメートはアスタナの時刻に合わせず。チームマネージャーのオリヴァー・ビアホフは、「1日の日程はわれわれがドイツにいるときと同じように組まれている」と説明した。これにより選手たちは水曜、時差ボケなしでドイツに戻ることができる。

ファン・ボイテン、後のない状況

ハミト・アルティントップも東欧に遠征することになる。同MFはトルコ代表とともにアゼルバイジャンでドイツ戦敗戦のショックを払拭するつもりだ。「われわれはとてもガッカリしている」とFCバイエルンプロ選手は試合後、ベルリンでコメント。「われわれは人々から期待されていたトルコサッカーをすることができなかった。」