presented by
Menu
「リズムを掴まなければいけない」

FCB、ドルトムントで切り換える

バーゼルでの一戦後に自信が深まり、木曜日のオフで充電ができた。バイエルンは今、ブンデスリーガでも勝者の道へとカムバックすることになる。レコードマイスターは日曜、暫定2位ドルトムント戦(17時15分からライブテレタイプとFCB.tvのWebラジオで試合中継)を「転換期」(ルイス・ファン・ハール)にすることを目指す。敗戦のケースにはBVBとの差が勝ち点10ポイントに広がることも分かっている。クリスティアン・ネルリンガーは、「とても大切なゲーム、はっきりしていることだ」とコメント、「ドルトムントはわれわれにとっては画期的な試合となる」と続けた。

マルク・ファン・ボンメル主将は、「われわれは言いわけはできない。勝たなければいけない」と試合の重要性を分かっていた。チームへの重圧は「ドルトムント戦を前にとくに変わりはない」とファン・ハール、「われわれには勝たなければいけないという重圧はいつもある。」FCB監督はこうも告げた:「もちろんわれわれがこれほど大差をつけられることはよくないことだ。」

レコードマイスターはほぼ一年前、スタートでつまずいた後にドルトムントにて5:1と快勝した。このような結果はもちろんのことだが、そうは簡単に繰り返せないともファン・ハールは述べた。同監督はハミト・アルティントップの起用を懸念しなければいけない。同トルコ代表MFは内転筋痛を訴え、金曜日にトレーニング参加できず。「様子をみなければならない」とファン・ハールは述べた。同監督は多くの欠場者(ロッベン、リベリー、コンテント、アラバ、ブレーノ)にもかかわらず、彼のチームが会心の一勝を達成できることを望んでいる。「これがわれわれには必要でもある。」

「いいタイミングでのゲーム」

ネルリンガーは、「われわれは今、リズムを掴まなければいけない」と要求、「とてもとても確信」してドルトムント入りすることになる。「昨年、チームはこのような状況のなかで本来の実力を示してくれた」とFCバイエルンスポーツディレクターは述べた。「切り換えるためにもわれわれにとってはいいタイミングでのゲーム」。

バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「とてもモチベーションは高い」と意気込む。「スタジアムの雰囲気、そして大きな声望 - 試合を楽しみにすることになる」とバーゼルで2得点を奪ったMFは言う。「ドルトムントでとても集中し、僕たちが絶対に必要な勝ち点3を奪うためにもとても粘り強く戦わなければいけない。」

BVBは「バイエルン戦に熱く燃える」