presented by
Menu
「とてもすばらしいプレーをした」

FCB代表選手が自信を培う

できることならルイス・ファン・ハールは彼の選手たちを代表チームに合流させず、彼のチームとトレーニングをさせたかった。同監督は、「選手たちが再び2週間いなくなる、私は彼らと全く何もできない」と前節のリーガの一戦後にコメント。しかしFCバイエルン監督は金曜夜の後に代表戦のポジティブな効果を期待することができる。多くのバイエルン選手がこの夜に自信を培うことになった。

ケガ人のトーマス・フェルメーレンの代わりにキャプテンを任されたダニエル・ファン・ボイテンがベルギー代表とともにユーロ予選初勝利(1:0対カザフスタン)、オランダ代表率いるマルク・ファン・ボンメルは首位を奪還(1:0対モルドバ)およびアナトリー・ティモシュチュクのウクライナは追撃が実り、カナダに2:2と引き分けた。

クローゼが2得点

金曜夜にとくに成功を得たのはドイツ代表チーム。グループA首位決戦でトルコ代表に3:0と快勝、ユーロ予選突破に向けて前進し、調子が上がっていることを証明した。ミロスラフ・クローゼがベルリンのオリンピアスタジムで2得点を決めて、勝利に貢献した。予選3試合で5得点をマーク、逆にブンデスリーガでは今季まだノーゴール。

同32歳はFCバイエルンとドイツ代表間の実績の矛盾を説明することができず。「自分に問いかけている、だけど分からない。おかしなことであってもね。多くのことが一緒、システムも一緒、規律も一緒。クラブでも全力をだすことをトライしている。だけどここでは少しばかりツイているんだ、これがバイエルンではないこと」と彼は述べ、1:0のシーンを例にだし説明した:「ボールがポストに当り、偶然にも頭にボールがきたんだ - バイエルンではボールが自分の右または左にそれていただろう。」